◆店頭営業時間のお知らせ◆
緊急事態宣言解除に伴い、5月27日から実店舗も通常通り営業しております。
ご来店の際はマスク着用、手指消毒のご協力をお願い致します。

 営業時間■午前9時30分時~午後6時■ *日曜は定休日。

書誌詳細

仏教における女性差別を考える
親鸞とジェンダー
源淳子著
四六判 173頁 2020.02
978-4-87154-176-3 あけび書房
税込1,650円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
寺に生まれ、仏教研究者、そしてジェンダー研究者である筆者。
人間親鸞をこよなく敬愛するがゆえに、宗教的自立を探究するがゆえに、親鸞における、そして仏教界における女性差別を鋭く問いただす。
日本人の女性差別観の根本を明らかにする画期的な一冊。

目次:
第1章 東本願寺ギャラリー展での女性差別問題
 ① 経緯
 ②「大谷派の女性差別を考えるおんなたちの会」シンポジウム
 ③ 真宗女性のつながり

第2章 わたしのターニングポイント ―フェミニズムとの出逢い
 ① 専業主婦
 ② フェミニズムとの出逢い
 ③「女人五障」
 ④「変成男子」

第3章 ジェンダーの視点で学んだわたしの課題
 ① 家制度
 ② 檀家制度下における業論

第4章 「女人禁制」
 ① 穢れ
 ②「女人五障」も「女人禁制」

第5章 親鸞思想とわたし
 ① 親鸞との出逢い
 ② 世俗と仏法

第6章 宗教的自立
 ① 宗教的自立を阻むもの
 ② 宗教的自立とは

著者紹介:
源 淳子 (ミナモト ジュンコ)  
1947年、島根県奥出雲町の浄土真宗本願寺派の寺に生まれる。龍谷大学大学院修士課程修了、大谷大学大学院博士課程満期退学。得度により僧籍をもつ。専門は、フェミニズムの視点で日本の仏教をはじめ宗教における女性差別の研究を続ける。
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/06/02