◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご理解、ご了承くださいますようお願い致します。

書誌詳細

江戸 真宗門徒の生と死
大桑斉著
四六判 217頁 2019.12
978-4-89231-215-1 方丈堂出版
税込2,200円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
親鸞聖人が開創した「真宗」という“教え”は聖人の門徒にどのように受け止められてきたか?

門徒大衆の信心は習俗化されて、親鸞聖人の信心と異なる、低俗であると暗黙に了解されてきた。
思想史学の立場から、顧みられることがなかった近世江戸世界の真宗門徒の信心の課題を、非凡な着想力で解明した必読書!

目次:
序 他者としての真宗

第一章 臼杵の慶念
第二章 加賀の任誓
第三章 薩摩の千代と人吉の伝助
第四章 信濃の小林一茶
第五章 尾張の豪農原稲城
第六章 京の商人小杉屋元蔵

結び 江戸の他者ということと現代

著者紹介:
大桑 斉(オオクワ ヒトシ)
1937(昭和12)年石川県金沢市生まれ。60年金沢大学法文学部史学科国史学専攻卒業、大谷大学大学院修士課程仏教文化専攻入学。67年大谷大学大学院博士課程仏教文化専攻満期退学、大谷大学文学部研究室嘱託。69年大谷大学文学部助手。74年同専任講師。79年同助教授。84年同教授。2003(平成15)年同退職、名誉教授。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/04/02