■法蔵館書店ショップサイト リニューアルのおしらせ■

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。
この度ショップサイトをリニューアルオープンさせていただくこととなりました。
当ページをお気に入り登録いただいておりますお客様は自動的に新サイトへ移行致します。

旧サイトでは一時、自動返信メールが届かない等ご迷惑をお掛け致しました。
より便利にご利用いただけます様尽力して参りますので、何卒引き続きご愛顧くださいます様お願い申し上げます。

法藏館書店ショップサイトは、http://www.hozokan.co.jp に統合しました。


◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
新型コロナウィルス緊急事態宣言に伴い、最小限の人員でご対応しております。
一部商品につきまして、通常より出荷にお時間がかかる場合がございます。
出来る限り迅速にご対応させていただき、出荷完了時はメールでご連絡致します。

また、天候により、下記地域では配送遅延発生の可能性がございます。
【北海道・東北・北陸】

ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご了承ください。

書誌詳細

江戸 真宗門徒の生と死
大桑斉著
四六判 217頁 2019.12
978-4-89231-215-1 方丈堂出版
税込2,200円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
親鸞聖人が開創した「真宗」という“教え”は聖人の門徒にどのように受け止められてきたか?

門徒大衆の信心は習俗化されて、親鸞聖人の信心と異なる、低俗であると暗黙に了解されてきた。
思想史学の立場から、顧みられることがなかった近世江戸世界の真宗門徒の信心の課題を、非凡な着想力で解明した必読書!

目次:
序 他者としての真宗

第一章 臼杵の慶念
第二章 加賀の任誓
第三章 薩摩の千代と人吉の伝助
第四章 信濃の小林一茶
第五章 尾張の豪農原稲城
第六章 京の商人小杉屋元蔵

結び 江戸の他者ということと現代

著者紹介:
大桑 斉(オオクワ ヒトシ)
1937(昭和12)年石川県金沢市生まれ。60年金沢大学法文学部史学科国史学専攻卒業、大谷大学大学院修士課程仏教文化専攻入学。67年大谷大学大学院博士課程仏教文化専攻満期退学、大谷大学文学部研究室嘱託。69年大谷大学文学部助手。74年同専任講師。79年同助教授。84年同教授。2003(平成15)年同退職、名誉教授。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2021/01/14