・【出荷についてのおしらせ】

現在発送が非常に混み合っており、納品にお時間を頂戴しております。
ご不便をおかけ致しますことをお詫び申し上げます。
準備の出来たものから順次出荷しておりますので、
まことに恐縮ですがご理解いただけますようお願い申し上げます。
お急ぎの場合はご注文の際にお申しつけいただけましたら、
出来るだけご希望に沿うよう出荷させていただきますので、
何卒よろしくお願い致します。


◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご了承ください。
.

書誌詳細

子サンガ伝道叢書 6
さよなら親鸞会 脱会から再び念仏に出遇うまで(特別版)
瓜生崇著
A5 108頁 2017.11
978-4-908812-08-8 サンガ伝道叢書
税込500円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
著者は、「浄土真宗親鸞会」という新宗教に勧誘され入会し、熱心な信者となり、伝道布教活動にいそしんでいた時期があったが、紆余曲折を経て脱会し、今は伝統教団である真宗大谷派の寺院住職をしている。

なぜ親鸞会に入ったのか。入っている間はどのように考えどのような活動をしていたのか。どのようなきっかけで脱会したのか。そしてそれを今はどう受け止めどのような活動をしているのか。親鸞会でのことも、今の思いも、ともに率直に語られている。

とある寺でなされた法話をテキストに起こしたものであり、やさしく語りかける口調で読みやすく、内容もわかりやすい。著者の「魂の軌跡」ともいえる、念仏の教えとの出遇いの物語。

今回発行した特別版では、親鸞会について詳しく知ることができる問答「親鸞会Q&A」に加え、特別掲載法話「本願につらぬかれ」を掲載。

目次:
・サラリーマンから、住職へ
・高校三年生、東京の街角での出来事
・シーシュポスの神話
・借り物の人生
・なぜ生きるんですか?
・大学受験の失敗
・「絶対の幸福」への求道
・大学を中退し、布教使に
・布教の日々
・インターネット対策
・「本願寺の陰謀」
・コピーされた言葉
・マインドコントロール
・脱会
・就職、社会復帰
・足りないものはなにか
・父の末期がん
・「つまらん人生だったよ」
・私はまだ南無阿弥陀仏に遇っていないんや
・「信心なんて関係ない」
・信心とは南無阿弥陀仏
・この身、このままの救い

親鸞会Q&A

特別版掲載法話 本願につらぬかれ

あとがき

著者紹介:
瓜生 崇(うりう たかし)
一九七四年、東京都に生まれる。滋賀県東近江市在住。
電気通信大学中退。浄土真宗親鸞会講師部にて布教活動に従事。
退部後、システムエンジニアを経て、現在、真宗大谷派玄照寺住。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/09/19