◆お盆休みのご案内◆
【期間】 8月11日(日)、8月14日(水)~16日(金)、8月18日(日)

なお、12日(月・祝)、13日(火)は、書店(店舗)のみ営業いたしております。
インターネット・FAX等の御注文は随時承っておりますが、
8月9日(金)午前11時~のご注文は、8月19日(月)以降のご対応となります。
休暇期間中、何かとご不便をおかけすることと存じますが
何卒ご理解ご了承頂けますようお願い申し上げます。


◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご理解、ご了承くださいますようお願い致します。

書誌詳細

子サンガ伝道叢書
同朋会運動が見過ごしたもの
真宗大谷派における「下寺問題」とは
長田浩昭著
A5 236頁 2019.05
978-4-908812-15-6 サンガ伝道叢書
税込1,500円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
2013年7月に開催された北陸聞法道場における長田浩昭氏(兵庫県篠山市法伝寺住職)の「下寺問題」講義を、本人による加筆修正を経てまとめた講義録。
北陸聞法道場叢書として刊行されていたものを広く読まれることを願って、サンガ伝道叢書から再刊行。

能登半島の「下寺」に生まれた筆者自身の体験と25年かけて集め続けた資料に基いて、真宗大谷派教団における「下寺問題」を制度の面から解明し、さらに寺院の形態や儀式における差別性をはじめ、「下寺制度」によって開かれた現実を明らかにすることで、「下寺制度」を生み出したものとは何か、「下寺制度」を必要としたものは何なのかを明らかにする。

目次:
はじめに
1.下寺に生まれて
2.本末制度から近代への移行
3.「下寺制度」とは何か
4.「寺は聞法の道場」という観念による呪縛
5.「下寺」の日常
6.三つの寺院形態
7.能登教区での下寺の指標S線の意味
8.下寺の歴史が問いかけること
9.部落史からのアプローチの必要性
10.同朋会運動が課題にできなかったこと
あとがき

著者紹介:
1960年、石川県生まれ。兵庫県篠山市在住。
大谷専修学院卒。真宗大谷派法傳寺住職。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/08/17