【お詫び】サーバー不具合によりご注文時の自動返信メールが送受信できない可能性がございます。
ご注文のお客様には弊社より別途発送ご連絡メールをお送り致します。
ご心配をお掛けしお詫び申し上げます。


◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
令和2年7月豪雨の影響により下記地域への発送は遅延の可能性がございます。
ご注文品の出荷完了次第メールでお知らせいたします。何卒ご了承ください。
【発送・配送の遅延が予想される地域】
 熊本県(八代市、球磨郡、葦北郡) 大分県(由布市、日田市)

書誌詳細

子サンガ聖典シリーズ 3
親鸞に聞く大無量寿経の意 2
藤場俊基著
A5 111頁 2020.06
978-4-908812-17-0 サンガ伝道叢書
税込880円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
2014年10月から2017年6月まで真宗大谷派大垣教区の連続講座として開催された藤場俊基氏による『大無量寿経』講義が多くの方のご協力のもとに『親鸞に聞く大無量寿経の意』として刊行!大経講義の決定版!

真宗の教えを聞く人の中には、親鸞が「『大経』こそが真実教である」と言っているから間違いないと考えている人が少なくありません。そこには二つの問題があります。一つは、なぜ親鸞を信頼するのかであり、もう一つは、なぜ親鸞が『大経』を信頼するのかということです。(本書より抜粋)

目次:
講義 第三回  2015年2月16日
一 はじめに
二 如来が世に現れ出る時
三 「かわる」ということ
四 親鸞の真実教決定の論理
五 阿難に自分自身を見た親鸞
六 「法蔵菩薩は阿頼耶識なり」

講義 第四回  2015年4月30日
一 菩薩精神の展開
二 国王の苦悩
三 価値観が崩壊するとき
四 「名」と「号」
五 「物語」の普遍性
六 仏を「讃嘆」するとは
七 仏を讃嘆する偈
八 世を超える出あい
九 無明
十 仏に成らんとする志願
十一 やり遂げんとする誓い
十二 なぜ仏に成りたいのか
十三 煩悩の根源を見つめる

著者紹介:
真宗大谷派常讃寺住職。1954 年石川県石川郡白峰村( 現白山市) に生まれる。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。三和銀行で5年間勤務。大谷専修学院本科修了。大谷大学大学院博士課程(真宗学専攻)単位取得。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/09/25