【台風、北海道地震の影響による配達遅延について】
各地で発生しております台風、豪雨、地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
各地の被害状況により配送遅延が発生する恐れがあります。
到着日指定、お急ぎのご注文などご希望を承れないことがございます。
何かとご不便をお掛けする事と存じますがご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
維新は教科書通りに語れない!をテーマに、
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!
第2回は11月17日(土)開催。 詳しくは『連続講座』でご検索ください!!

書誌詳細

真宗教学の歴史を貫くもの
江戸時代の三大法論入門
三浦真証著
A5 70頁 2018.10
978-4-9910319-1-5 仏教教育出版
税込540円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
「響流書房」の電子書籍が紙書籍でも発売!

江戸時代、命をかけて親鸞聖人の教えを論じた僧侶たちがいた。最後には論争に破れたものは獄中で死し、勝ったものも対決のために赴いた江戸で客死する。その論争の争点は、今日に至るまで私達に「浄土真宗の救いとは何か」を問い続ける重要なものだった。

「私の中に往生の因となる種があるのか」(承応の鬩牆)
「私は仏法を聞いていい人間になるのか」(明和の法論)
「私が念仏したから、信じたから救われるのか」(三業惑乱)

新進気鋭の若手研究者が、能化制度や学林といった教学研究のシステムの誕生から、西本願寺を揺るがした大事件「三業惑乱」に至るまでの真宗教学の歴史を明らかにし、ただ何が争われたかではなく、その論争の中から浄土真宗の救いの要を説き起こす。一般向けに行われた講演の内容をもとに作られた、わかりやすく読みやすい一冊。

※本書は2017年5月16日に真宗大谷派岡崎教区第十七組の「真宗講座」にて、「お西の歴史と教学にふれるー弥陀のはたらきと衆生のはからいー」と題して講演したものに加筆訂正を加え、『真宗教学の歴史を貫く者ー江戸時代の三大法論入門ー』と改題して講義風にまとめたものです。

目次:
一、はじめに
二、東西本願寺の分派
三、歴史区分
四、教学の歴史を見る視点
五、学問としての真宗教学の始まり
六、初代能化准玄
七、承応の鬩牆
八、明和の法論
九、三業惑乱
十、最後に

著者紹介:
1981年生まれ。1999年に龍谷大学に入学、2011年に同博士課程(真宗学)を修了し、博士(文学)を取得。同年、浄土真宗本願寺派宗学院を卒業し、同研究員となると共に、本願寺派総合研究所研究員として『浄土真宗聖典全書』の編纂に従事。現在は退職して自坊へ戻り、法務と子育てのかたわら龍谷大学・京都女子大学非常勤講師として出講。専門は真宗学・真宗史。本願寺派布教使、本願寺派輔教。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/11/19